スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sweet pool Drama CD -everblue- 「ドラマCDについて話しませんか(8924)」



Disk1は、睦、善弥、哲雄・・・それぞれの蓉司に対する想いが
痛いほど伝わってくるストーリー。
ゲームの各ルートがそのまま思い出されるような内容でした。

睦と善弥は、あの壊れてく感じが・・・なんとも切なかった。
哲雄は他の2人と比べるとほのぼのした感じなんだけど、
やっぱりあのEDを思い出すから・・・切なかった。


・・・蓉司の喘ぎ声が終始エロかった・・・(結局そこか)


各トラックの最後にヴォーカル曲が流れるので、
本当にゲームでルートを進めて、ED迎えたみたいな感覚でした。
だから切なさ3割増しくらいしてる。
てか「切ない」しか言ってない・・・ボキャブラリー乏しくてスミマセン(汗)
でもホント、これが一番の感想だから。
それぞれに、湾曲してしまったりしてはいるものの、愛の形はちゃんとあるんですが、
その行きつく先が・・・本当の幸せなのかどうかっていうのは・・・
ゲームしてたときもそうだったけど、やっぱり私には分かりません。


でもまぁ・・・蓉司が気持ちよさそうだったからいっかーvvv(台無し)


Disk2は、打って変ってコメディータッチv
蓉司・哲雄・善弥・睦がカラオケBOXに遊びに出掛けます。
もうこの設定自体がゲームではあり得ないことなんで、嬉しいですww

お店で開催されているフェア「4曲連続80点以上獲得でプレゼント」に挑戦。
賞品は“駒波名物・オムヤキソバパン”だったかな??
で一番獲得点数が低かったら、オゴリ・・・

課題曲から選曲して順番に歌っていくのですが、曲は作中でお馴染みのものばかり。
てか選曲レベル高ぇぇ!!(笑)普通に難しい歌ばっかりだwww
まぁ、実際に歌声を聴くことは叶わないんですが、皆様かなりお上手なようですw

睦と善弥が口喧嘩してる横で、2人の世界を作ってる哲雄と蓉司が最高だわvv
一番最後に、言い合ってる2人を見ながら「ふふっ」って笑ってる蓉司。。。
フェードアウト気味に笑い声が聴こえたんだけど、あれはやっぱり蓉司なのかな??
なんかすごく微笑ましい光景だわ・・・
1枚目が切なさ満杯だっただけに、なんかほんわかしました♪
睦と善弥の掛け合いも面白かったしww


こんな素敵な「アナザーストーリー」にまた会えますねvv

sweet pool 駒波学園 学園祭

今度は学園祭ですかぁ~!
↑の公式サイトでも観られる哲雄のダブリエ姿・・・
あぁぁ!もっとしっかり全身像で観たい!!!(落ち着け)
コスプレ喫茶て!!(笑)
いやぁ・・・楽しみですvvv

そういえば、『ラメント学園』も楽しみです(笑)


もうひとつ・・・聴いたドラマCDの感想を少し。


窮鼠はチーズの夢を見る ドラマアルバム

原作が面白かったので、聴かせて頂きましたv

遊佐さん×中村君です。
ちょっと意外なキャスティングだったんですが、良かったです。
普通に女性との絡みも出てくるので…括りが難しい作品ですけど、
女はしたたかだな…って思いました(笑)(そこ!?)

今ヶ瀬と恭一には、個人的にくっついて欲しいと思っているのでw
女が絡んでくると今ヶ瀬並みにイライラして仕方無かったんだけど(苦笑)
「んもー!恭一!!そこで流されるな~!!」ってな具合にww

ゆうきゃん受けも良かったけれども・・・リバ聴きたい!!(やっぱり結局そこか)
ので、ワタクシも続編ドラマCD化希望~~(笑)


俎上の鯉は二度跳ねる←コレコレw
スポンサーサイト

ガーネット・クレイドル 「乙女系ゲームに夢中♪(21456)」


GARNET CRADLE

遊ばせて頂きました~v

なんていうか・・・私のツボには「ビビビッ!」とハマった感じです。

この作品の主人公は、全寮制のセレブ共学高校に通う女の子。
家柄もよく、勉強も出来、容姿端麗・・・
まさに男子生徒の憧れの的状態な、ある意味出来過ぎた女の子。
なのに恋愛に対しては、全くの奥手・・・というよりも、興味なし。
むしろ、そんなものしたくないと思っています。
10年前に父親が突然消息不明になり、毎晩のように泣いている母親を見て育ったため、
恋愛に対して臆病というか…そんな哀しい別れが待っているなら、
最初から出会いたくない…恋愛なんてしたくない!という考えなんです。

そんな主人公が、現実世界と夢の世界を行き交いながら
男子生徒=王子達との出会いを繰り返すうちに、本当の「烈しい恋愛」を知る・・・

簡単に言うとそんなお話です。
いやぁ…もっと複雑なファンタジーなんですけどね。


最初の・・・序章がかなり長いです。
しかも主人公が奥手なわりに、かなりの強情な性格で、
「嫌だ!無理だ!」ばっかり言うので若干イラっとしました(笑)
すごく恵まれた環境なのに…お子様っていうか、ただの世間知らずかな…と
育ち過ぎてしまった大人の目線で冷静に見ちゃうとダメですね^^;
ここは純粋な乙女目線で見ないと・・・!(笑)

しかも物語は勝手にどんどん進んでいってくれる感じで、
キャラクタールート選択も、あるポイントが決まっていて。
そこで選んだキャラクターのルートに必然的に入ってしまうので、
攻略的にはとても簡単です。ゲームというよりは、ボイス付き小説読んでる感覚?

ゲーム要素を求めると、ちょっと物足りないかもしれないけど、
キャラ別恋愛ルートに入ってからが・・・私はもう・・・どっぷりwww
どのキャラルートも終わったあと、「あぁ…恋愛したぁ…」と思えました。
何度泣いたか分かりません・・・

素直じゃない主人公なので、恋愛の進行も…かなりの焦らしプレイを喰らいます(苦笑)
でもそこが、急展開じゃないのが、じっくり恋愛に浸れていく感覚っていうか…
まぁ、王子達の方は最初から主人公のことが好きだったりするので、
主人公さえ自分の気持ちに気付いて、素直に気持ちを伝えれば万事オッケーなんですけどw
それだけではなく、その王子達が背負っている運命とか背景とか、
意外と重い・・・^^;
だから余計に涙を誘うんですよね~

自分の気持ちに気付いてから、打ち明けてからの主人公が急に大人になるので、
そっからまた特にいい感じの恋愛が出来るっていうかw
なんかすごい漢らしいセリフ言ったりしてくれるんだよね~この子。
「ひとつ大人になったわね…」なんて、彼女の成長を喜んでしまった自分が哀しいww
そんなこと思う自分は、もうとっくに大人なわけだし・・・(乾笑)

でもゲームしてる間はそういうことも忘れちゃって、没頭してました。
シナリオ的には金太郎飴で…各キャラ、ハッピーエンド1種類しかないんだけど、
私はお腹いっぱいww
悲恋エンドもありますけど。

とにかくスチルとBGMが綺麗です。
声優さんたちの演技も素晴らしいです。
欲を言えば、シーン回想とか、ED後日談がちょっと観たかったかなぁ。
あと個別ルートに入ると、全然出てこなくなるキャラとかいるので、
もうちょっとキャラ同士絡んでるシーンがあっても良かったかなと。

なんだろうな・・・ある一線を越えれば(?)かなりどっぷりハマれるゲームだと思う。
私はそのおかげで(?)、涙腺決壊しまくりましたからww
学校ですれ違うだけでドキドキしちゃう…みたいな恋愛が久しぶりに出来た気分vv

遙か4 『時巡の詩』 他 「乙女系ゲームに夢中♪(21456)」


遙かなる時空の中で4 ~時巡の詩~

<収録内容>(※は新録)
1.ブルーグレーの夜明けに君を 歌:那岐
2.禁じられた恋情は朝露に 歌:布都彦
3.慈愛しさは光の砂時計 歌:風早 ※
4.花盗人の空は千紫万紅 歌:サザキ&カリガネ ※ 
5.土蜘蛛 風樹 透明る 歌:遠夜 ※
6.月明の映し絵は柔らかく 歌:大伴道臣
7.星は刹那の久遠 歌:葛城忍人
8.あなたに捧げる一杯のお茶 語り:リブ ※
9.満天の星は宝地図 歌:サザキ ※
10.或るしもべの華麗なる愉悦 歌:柊 ※


迷った末に買いました・・・だって三木さんが歌ってるんだもん!!(爆)
でも買って良かったです。再録が4曲もありますけどw
というのも、好みの曲調ばかりでずーっと聴いてますv

風早の曲は、とっても風早らしい・・・
すごく優しい歌い方なんですが、歌詞に意志の強さを感じるというか。
ずっと昔から見守ってて、これからもずっと守っていく・・・みたいなw(きゃ~!)←

意外(?)だったのが、サザキ&カリガネのデュエット。
すごく爽やかな…というか、可愛らしい感じというか・・・
歌詞も2人の会話形式になっていて面白いですv
海賊とは思えない(笑)、ポップ(?)な曲で素敵です♪
サザキのソロ曲もすんごい爽やか系ww

遠夜の新曲はアップテンポでビックリww
割としっとりした感じのキャラですからね~…これもギャップ萌えですねv(?)

柊の初ヴォーカル曲・・・とっても素敵です。
既定伝承(アカシャ)がポイント(笑)
てか三木さん・・・もっと歌って欲しいよ~…いい声~vvv

リブの語りは・・・なんか姫に告ってるんですけど!(爆)
あ、甘い・・・サラっと甘い(笑)
こ、これは攻略対象に昇格への伏線ですかーー!?(深読みしすぎw)

と、新曲だけ簡単すぎる感想を述べさせて頂きました。
何よりジャケットが素敵です☆


今後発売予定のネオロマCDの情報を少し。

8月12日発売予定の2作品。(何で同じ日に・・・)

遙かなる時空の中で3 with十六夜記 愛蔵版~東雲月~


LaLa (ララ) 2009年 08月号 [雑誌] にちょこっと情報が載っていたのですが、

メインキャラクター総登場、ドラマとヴォーカル・語りを収録した2枚組。
注目の新キャラクター・那須与一もドラマに初登場、
藤原泰衡役・鳥海浩輔さんのヴォーカル新曲も収録!!

だそうです。でもって那須与一役は近藤隆さんだそうです!!
近藤隆さんですよ!!(自分的に大事だから2回書くw)←


金色のコルダ~secondo passo~Tears

今度はラブバラード集のようですね~v
さらにはボーナストラックとして、2本立てでアノ「DRAMA JOY」が収録されるそうですw
そのうちの1本が「~secondo passo~ブログ」で紹介されていました。

その名も…

「川中島LR ~敵に塩を送る~」

*あらすじ*
今度こそ川中島で決着をつけようと、闘志を燃やすLR(謙信&信玄)。
そんな中、塩止めをくらって戦えなくなってしまった武田(土浦)軍に、
正々堂々勝負したい謙信(月森)は、塩を送ることに。
ところが塩が途中で何者かに奪われてしまう――!
虎視眈々と天下を狙うは、今川(加地)、家康先輩(王崎)、秀やん(金澤)、
そして信長理事(吉羅)・・・


キター!!戦国モノ!!(笑)
ちなみに衛藤君はナレーションらしいですww
またかなり笑える内容になっているようで…とっても楽しみですvv
最近・・・ネオロマ冒険してるな~(笑)…個人的にはすごい嬉しいけどww

この2作品は・・・購入決定だな・・・
「コルダ2fアンコール」のトレジャーも予約完了して・・・
8月は散財月間確定・・・(遠い目)


PSP 金色のコルダ2f(フォルテ) アンコール トレジャーボックス[コーエー]《予約商品08月発売》

柚木サマの新衣装・・・和服は反則だわww
加地クンのガウン姿にも驚いたけどwww(どんな高2w)

DVD 『星奏学院祭2』 「私の好きな声優さん(12065)」

ライヴビデオ ネオロマンス▼フェスタ 金色のコルダ 星奏学院祭2

一気に2枚組…観ちゃいました。長かったけどあっという間だったww

さすがに「収録されてなくて残念!」なシーンが多々あったけれど、
割と満遍なく収録されていました。


ライブドラマパートは、初回と最終が収録されていましたね。
アンサンブルコンサート以外に、「演劇」と「生演奏付きイケメン喫茶」をやると。
全4公演で対立が4パターンあったんですけど、
出来れば全部…あの喧嘩?コント?シーンだけでも入れて欲しかったな~……
今回収録されてたのは、火原vs加地、志水vs冬海でした。
LR対立、めっちゃ面白かったからまた観たかったんだけど。

あ、イケメン喫茶で一番盛り上がった「投げキッス」ですが、
あ~…さすがに全員分は入ってないか・・・と思っていたら、
特典映像のほうに、本編ではカットされていた方の投げキッスもちゃんとありましたw
もれなく男性キャスト全員の「投げキッス」を受け止められますよ(笑)
それぞれの個性が出ていて、とっても面白いですvv


金やん先生のコーナーは、2公演分収録されてました。
ここでの見どころは、小西さんのモーツァルトコスプレ(笑)と、
内田さんの幸せそうなスイーツ頬張り笑顔でしょうか(笑)
ここはトークコーナーみたいな感じで、
ED挨拶以外に唯一キャストさんの地声(?)が聴ける貴重なコーナーです(苦笑)


愛のメッセージとライブは、全員・全曲収録されてます。
パッケージには「演奏キャストとのコラボレート曲も全て収録!」とあるけど、
志水君だけコラボバージョンじゃなかった・・・大人の事情でww

ライブのデュエット曲は必見ですvv
皆様、いろんな趣向を凝らして…というか、ダンスありコントあり(?)
ローラーブレードあり(笑)
とにかく観てるととっても楽しくなります♪


アニメ生アフレココーナーは収録されていませんでした。
これはもう、来月発売のアニメDVDにしか収録されないんですね~…
ちょっと残念。

まぁ、柚木サマの「ちょっと落ち着こうか」がまた聴けて良かったw
なんとも楽しいイベントだったなぁ・・・
皆様の素敵衣装にも注目ですvvv



別テーマですが・・・
同じ日に購入したドラマCD


「殿といっしょ」ドラマCD

めっちゃ笑ったwww
特に真田親子&小松が最強でしたwww
でもこれ、原作知らないと分かりづらいか・・・な??^^;

とにかく、ボケと突っ込みの掛け合いが最高なんですよねv
と思って聴いていたら・・・最後のフリートークで
信長役の黒田さんが、「ツッコミ役がいなくて、一人でボケてた…」って。
え!?明智役の平川さんとは別録りなの!?って普通にビックリでしたw
そしたら政宗役のたっつんが、「僕も(片倉役の)三宅さんがいなくて…」
更には真田昌幸役のイトケンさんが「うちも突っ込みの岸尾君がいなかった」って!(笑)
現場、ほとんどボケ役ばっかりなんですけど!!(笑)

いやぁ・・・すごいですね、いろんな技術ww
ぜんぜん違和感なかったし、むしろ「こりゃ楽しそうな現場だな~」とか思って
聴いてたのに・・・^^;

豪華なキャストで、なんとなく歴史の勉強になったかな??(笑)

伊達政宗/鈴木達央 織田信長/黒田崇矢 直江兼続/立花慎之介
島津義久/檜山修之 島津義弘/羽多野渉 明智光秀/平川大輔
真田幸村/前野智昭 真田信幸/岸尾だいすけ 真田昌幸/伊藤健太郎
前田慶次/杉山紀彰 片倉景綱/三宅健太 小松/小林ゆう(敬称略)

逆転検事 「ゲーム日記(107516)」


逆転検事

途中、2週間近く放置してしまったので……再開し思い出すのが大変でした。
あれ?今なにを追い詰めてるんだっけ??みたいな(汗)

なんとか全編プレイ終えましたので、簡単な感想を。


終わってみて・・・全部終わって・・・え?お、終わり??
あれれ??今回は「法廷パート」ないの!!??

ほんといつも情報不足で・・・公式サイトで何を見てたんだ・・・
てっきりいつものように法廷バトルが繰り広げられると思いこんでいたので
全ての事件…現場で片が付いてしまってビックリ!(今更)

一応、法廷内でサイバンチョも出てくるシーンもありましたが、
裁判は一切無いんですね。
まさに今回は「事件は現場で起きているんだ!」って感じでした。

個人的には、あの法廷での冷血とも言える御剣検事のドSっぷり・・・いや違うか
クールなんだけど熱い、犯罪者は何人たりとも許さん!な感じが好きでして。
前もチラっと書いたけど、やっぱりみっちゃんは丸くなった気がする(笑)
「検事目線」での法定バトルも遊んでみたかったな~・・・
まぁそうすると「弁護士」が必要になってきちゃうけどww
ナルホド君のこと、ほのめかす(?)ようなシーンはあったけど、
顔はおろか、名前すら出てきませんでしたから……その辺は「検事」に徹底してたのかな。

なので、「探偵ゲーム」っぽい印象を受けました。
推理モノは基本的に好きなので、色々と捜査して紐解いていくのは楽しかったですけどv
でも今までの「逆転シリーズ」からいうと、簡単だったように思います。
というのも、今までは絶対に最後のほうに躓いて…何度も「有罪」喰らって……
結局、泣く泣く攻略サイト探ししたりしてましたから(爆)
それが今回は一度も他人の力を借りずに攻略出来ました。
決して私の頭が良くなったわけではないと思うので・・・
やはり、みっちゃんが主人公だからでしょうか??
頭のキレる彼だから、なんでも簡単に解決しちゃう!とか(笑)←


ちょっと批判的なことも書いちゃいましたけど、楽しめました~♪
ボリュームもありましたし、BGMは相変わらず素晴らしいしvv
「逆転シリーズ」でお馴染みのキャラクターがたくさん登場するので、
ニヤニヤしながらプレイしてましたしww
トノサマンをリスペクトしてるみっちゃんは素敵です(笑)
まぁ今までのキャラが強烈すぎて、新キャラが若干霞んでましたけど(苦笑)
シリーズの『ファンディスク』って思ってプレイすると、楽しいと思いますよv

でもやっぱり・・・法廷でバトルしたかったな~・・・
1~3もいい感じに忘れてるので(え)、また遊んでみたくなりましたv

ラッキードッグ1☆フルコンプ 「ボーイズラブゲームで語りたい!(2291)」

全キャラ、100%達成しました。

シーン回収が大変だった・・・
とりあえず全部の選択肢拾って、なんとか100%になったって感じ。
でも各キャラごとに、コンプご褒美スチルがありましたvv

EDもですね…ハッピーエンドもバッドエンドも、
1人につき1種類じゃなくて、いろんなカタチの終わりが待っていました。
バッドエンドがたくさんあるっていうのは、まぁよくあるけど、
以前の日記にも書いたように、【オメルタ】や【ラッキー】の数値の違いで
迎える結末がずいぶん変わってくる・・・


ほんとに個人的な感想を述べさせて頂きますと。

マフィアとギャングの抗争なので、根本的には黒くドロドロしたものなんですが、
(血とか死とか裏切りとか拷問とか・・・そういうのが「普通」だったりするので)
脱獄や逃亡が成功したときや、
ハッピーエンドルートでのジャンの見事なラッキードッグっぷり(笑)
窮地から幸運な結果へと逆転するさまは、まさに爽快でした。
シナリオを100%コンプすれば、一応全て補完されるので、
「これは何だったの?」と疑問が残るところも特に無かったように思うし。
コーサノストラは家族…という考えのもと、一癖も二癖もあるような男達が
ボスの下で目に見えない深い絆で繋がっている・・・
あぁいいなぁ。。。こういうのww
私の別バラもお腹いっぱいです!!(笑)

それゆえに。
バッドエンドがめっさ凹む~~~
ちょっと間違えると、誰かに殺されたり殺しちゃったり・・・
シナリオも進んで、攻略対象キャラへの思い入れも強くなってきている終盤でのバッド…
すんごい切ないです。。。
ジュリオとかジュリオとかジュリオとか!!(爆)


うん、でもCR-5はみんな好きです。
スタイリッシュなんだけど、いい意味で男臭いBLって感じでしたv(どんなだよ)
大雑把な感想ですけど、面白かったvvv

ラブラブシーンももちろん良かったんですけど、
個人的には衝撃度が強かった戦争シーンとかのほうが…どうも印象に残ってる^^;
BL抜きにして、男の友情ゲームでも全然楽しめたくらい(笑)

・・・でもやっぱリバが良かったな・・・(まだ言うか)

「戦国BASARA」第二期 2010年出陣! 「アニメ!!(39126)」

念願、叶いましたね!

詳細は分かりませんけど、制作決定ということで嬉しいですvv

アニメ:戦国BASARA 公式サイト(※音が鳴ります)

やはり、二期のラスボスは秀吉でしょうか??
一期の敵は信長でしたし、恐らく倒しましたよね??
(昨夜最終回でしたが、まだ録画を観てません・・・^^;)

秀吉ならば、必然的に半兵衛が・・・ッ!(待ってる!)


来月からDVDが発売されますが、予約は一切してなくて。
すごく欲しいけど、お人形買ったりしてると無理です(爆)

んがしかし!
情報によりますと、1期DVD最終巻にはテレビ未放送の13話が収録されるとか!?
毛利元就、長曾我部元親、前田利家、まつが登場するとか!?

これ以上、誘惑しないでくれぇ・・・

生まれ変わりすぎ… 「乙女系ゲームに夢中♪(21456)」

発売日近いからそろそろ更新されてるかな~と思い、
ビーズログWeb に遊びにいってみました。

また新作情報いっぱいだな~…と、以前より詳細になった予告を眺め、
(最近はお財布の都合上、内容や皆さんの感想を聞いてから買うことが多いです)

まずビックリはD3の新作攻勢ですね。
『ラスト・エスコート』も新作出ちゃいますか!?
しかもイメージ一新・・・もうゴージャスじゃないみたいですね。
好きなシリーズですけど・・・・・・
・・・・・・・キャスト次第です(笑)

で、どんどん降りて行って・・・
そうそう…サスペンスホラーっぽい乙女ゲーが出るんだった~
最近は設定考えるのが色々大変そうだな・・・とか思いつつ。


ん・・・!!??


真・翡翠の雫 緋色の欠片2


出たよ、リメイク・・・
しかも、この翡翠と「緋色の欠片」、「星の降る刻」の3作品みたいですね。
星の~はポータブルと書いてありますが、他のハードはまだ分かりませんね。
きっと携帯機でしょうが・・・

てか「愛蔵版」て!!
もう新作しかやること無いだろ!って油断してたわ・・・orz
しかし翡翠がくるとは意外でした(失礼な)
今度はどんなことやらかしてくれるのか気になるけど、正直、萎える・・・
なんか複雑な気分だなぁ。。。
あんまり言いたくないですが、こういう売り方ってどうなのよ~
新規のファンには有難いことだとは思います。
私も今から緋色やろう!っていうなら「ラッキー♪」って思うだろうしw
でも1作目発売当時からのファンの方々は、確実にご立腹だよね。
えぇ、私も「またぁ!?」ってなりましたから。


でもなんだかんだ言いつつも、今まで発売されてる緋色関係は全部買ってるし(自爆)
今回も変更点と追加要素とやらに躍らされるのだろうかww


あぁ・・・今月号、買おうかどうしようか・・・と若干モチベーション下がったんですが。

VOICE OF PRINCEには岸尾だいすけさんが登場!


買う・・・!!(単純)
写真がめちゃ可愛いwww

黒執事イベント 「私の好きな声優さん(12065)」

黒執事オリジナルイベント、
「その執事、終章 ~最後の晩餐を貴方と共に~」に参加するため、
東京国際フォーラムに行って参りました。

<出演者>(敬称略)
小野大輔、諏訪部順一、遊佐浩二、日野聡、東地宏樹、杉山紀彰、安元洋貴、立花慎之介
菅沼久義、鈴木達央、勝杏里
アーティスト/Kalafina

来場者おみやげの一部 (上)イベントリーフレット


約3か月ぶりの有楽町。
開演20分前に会場入りしたのですが、ロビーにはすごい人!
そして物販の行列・・・
並んだ直後に行列が打ち切られていたので、ギリギリ間に合った感じ。。。
危なかった・・・無事に欲しかったリーフレットも買えました。
改めてキャパ5000人の迫力を実感。

今回も一桁台の良席に恵まれ・・・ステージ近ッ!!
座席も広くてこれまた快適な会場ですねぇ。


開演時間から約10分遅れ・・・セバスチャン@小野さんの開演前ナレーション。
「今宵は全てを忘れ、享楽に溺れましょうか───」
なんてなことをアノ声で言うもんだから、一気に場内が「ギャー!!」(笑)

その後だったか前だったか忘れたんですが、
ステージのスクリーンに、アニメOP「モノクロのキス」フルver.がドーン!
色んなキャラが画面に登場するたびに沸く会場ww

そしていよいよ始まります。
まずはアンダーテイカー役の諏訪部さんが登場vv
先週のビタミンに続き、今週もやってくれました!コスプレww
真っ黒い衣装に身を包み、黒いハットを被り長い前髪をオールフロント・・・
今宵のテーマは「アンダーテイカー2009・初夏」らしいです(笑)
でもすぐに「あ~鬱陶しい!」と言って、前髪を左右に分けてましたけどww
てことで、今回は諏訪部さんが司会進行役をされるそうです。

続いてキャストの入場~!!
入場っていうのも変ですが、まさに今回は入場だったのですよv
なんと、会場の1F客席の色んなところの出入り口からステージまで
客席の間を通ってのステージインだったのですよー!!
私はステージに上がる階段のすぐ近くの通路側に座っていたのですが、
あ~…目の前を通って行く~・・・となかば放心状態でした^^;(心臓に悪いわ)

で、諏訪部さんに負けず劣らず(?)衣装が素敵でございますvv
みなさんお洒落だったのですが、コスプレぽかった安元さんw
タキシードのジャケットだけ脱いだような出で立ちでした。格好エェww
そして最後に登場した小野さんは・・・まんまセバスチャンだ・・・!!
まさにあのコスチュームでしたよ!!(いや、コスじゃないから)
なのに諏訪部さんに「小野君は今日はMKタ○シーのコスプレでね♪」ってww

いやはや、今週もいい目の保養になりましたvvv


えっと、肝心のイベント内容ですが・・・
すんごい盛りだくさんの内容でして、順番違いとか抜けてるとか
突っ込みどころ満載の感想になるかと思います。
そこはいつも通り(?)スルーしてやってください(平伏)


最初は「ファンが選ぶアニメ名シーン」
あ、今回のイベント、最後の晩餐ってことで前菜(OP)から始まり
フルコースみたいなメニューになってました。
詳細は覚えてなくてスミマセン・・・

視聴者から集計をとったベスト5の発表です。
第1話の契約のシーンや、アバーラインがラウに刺されちゃうシーン、
最終話のアッシュとセバスの激闘、マダム・レッドの葬儀シーンなど。。。
あとは1位を残すのみとなったとき、司会の諏訪部さんが
「マダム・レッドの活躍、もっと観たいよね~」みたいな呼びかけ。
場内が「え?え?え!?」ってなる中、
なんと特別ゲストとして、マダム・レッド役の朴王路美サマのご登場~!!
マダム・レッドのモノローグを格好良く演じてコーナー終了後
颯爽と帰っていかれました。次のお仕事があるとかでww

ちなみに1位は最終話、最後にぼっちゃんがセバスに魂を与えるシーンです。
そのときだったかな?セバスが手袋を外してあの手の甲の紋章?契約印?を
見せるシーンがあって、小野さんも同じように左手の手袋を歯で噛んで外したんです。
そしたら手の甲にあのマークが・・・!!(仕込んでた!!w)
しかし・・・スクリーンでアップになると、なんとも雑・・・明らかに手描きw
一生懸命自分で描いたらしいですwww
安元さんが「言ってくれれば描いてあげるのに」って、優しいなぁv(←)
しかも小野さん、水性ペンで描いてあるので若干汗で滲んでますww
「この衣装、暑いんだよ!」って、脇汗も相当らしかったです(笑)


お次は「白執事vs黄執事」2つのチームに別れての対抗戦です。
ラジオでお馴染み「その執事、○○」
引いたお題の通りに演じないといけないというもの。負けチームには
すっごいまずいジャム(名前忘れた)を食べなければならないという罰ゲーム有りです。

白チームは、日野・遊佐・東地・鈴木・勝
黄チームは、安元・諏訪部・杉山・菅沼・立花という振り分け(敬称略)
なんと仕切りは小野さんですww
安元さんと日野さんは仲良しだから戦いたくない!とか言ってたけどw

対戦は3回、まずはたっつん対菅沼さん。
たっつんが「河童」で、菅沼さんが「奥歯をガタガタ言わされてる人」だったかな?
たっつんは河童というお題にかなり戸惑ってましたが、見事可愛い河童にww
手本が無いから正解が分からない(笑)
菅沼さんはカツアゲされてる感じになってましたww

次は勝さん対立花さん。
勝さんは「関取」で、立花さんは「パントマイマー」。
てか声優なのにパントマイムって!!(笑)
どうするのかな~?と思ってたら、なんかすごいお上手なんですけど!!
プロのパントマイマーみたいにキレのある動き・・・特技なんでしょうか!?
動きにアテレコしていた小野さんが、完全に足を引っ張る結果に(笑)

最後は遊佐さん対杉山さん。
遊佐さんが「ロボ」、杉山さんが「24時間闘う人」だったかww
遊佐さんはロボットダンスっぽい動きをしてましたw
「あれ?脱臼した人?」とか突っ込まれてたし(笑)
杉山さんは、やっぱりあの方のモノマネでしたwww
「申し訳ないと思っている…!」とか叫んでましたよwww

ここで、入場したときに渡された白と黄色の紙を、(上の画像)
良かったと思うチームの色をステージに見せて挙げる客席審査。
結果はすごく僅差・・・というか同じくらいのようで決められない…ということで。

各チーム残りのお二方が、テーブルクロス引きに挑むことに。
最初は東地さん対諏訪部さん。東地さんが見事に引き抜き勝利v
最後は日野さん対安元さん。こちらも白チームの日野さんが見事成功vv
ってことで、白執事チームの勝利です!
負けチームはあのジャムを食べてましたが・・・ほんとマズそうでした・・・
「水~!」と叫んでたしww


こっからちょっと・・・ますます記憶があやふやになってくるのですが(爆)
「言って欲しいセリフ」と「シャッフルアフレコ」コーナーがあったんです。

言って欲しいセリフでは、甘~いものからぶっ壊れたドルイット子爵までw
しかし、ナマで聴くドルイット子爵はすごいですね・・・
もう悦にイっちゃってて・・・たっつんの演技が素晴らしかったです(笑)
そして原作のみでアニメではなかった、ラウの「にゃん」というセリフ!
た、たった一言なのに・・・これまた破壊力がハンパ無い!!!
「にゃん」が2回も聴けた・・・

いやぁ・・・長いこと書いてますけど、一番の盛り上がりはやはり
シャッフルアフレコでしたね。
みなさんアドリブが冴えわたってました☆もう腹筋崩壊しまくりでしたよww
文章にすることは無理です(言いきった)
これ映像化されないかなぁ??ちょっと分かんないんだけど。
最後は笑いすぎて、涙出たくらいですからwww
ほんと、声優さんって凄いですねーvvv


で、何か書き忘れてる気もしますが(汗)
Kalafinaのライブです。3曲も披露してくださいましたv
んが。この頃すでに終演予定時間の8時をとうに回っております。
8時半くらいになってましたので、終電が気になって仕方無くて・・・
あまり歌には没頭出来ず残念でした。

ライブが終わり、ついにエンディングです。
出演者の皆様が一堂にステージに集まり、最後の挨拶です。
が・・・私は終電新幹線を逃すと帰れないので、挨拶を半分聴いたところ
8時40分頃に泣く泣く撤退・・・途中で会場を後にしました。
最後まで観たかったのですごく残念でした(涙)
なんか中途半端に終わってスミマセン(土下座)

何かお知らせがあったのかな~?と公式を覗いて見たら、ありました!

◆DVD購入者限定イベントを2010年1月開催!
◆アニメ二期製作決定!!

だそうです!さぞ会場が盛り上がったことでしょうvvv
というか、最初から最後までとっても熱い会場でした!
ほんと面白かったなぁ・・・行って良かったです♪

まぁ今回も無駄に長くてスミマセン…最後までお付き合いありがとうございます。
文字数がヤバいので、この辺で・・・

ラッキードッグ1…やっとこ1周 「ボーイズラブゲームで語りたい!(2291)」

プレイ3日目にして、やっとスタッフロール(?)が流れるEDまで辿り着きました…
のーとんもすごいボリュームだったけど、今回もたっぷり遊べそうですねv
価格は良心的だし面白いし・・・大好き!Tennennoujiさん!!(笑)


えーっと・・・結論を言いますと、初めてのお相手はジュリオでした♪
や、ほんとはもっと最後のほうまでとっておきたい好きキャラなんだけど、
気付いたらジュリオルートに入ってました^^;

あ~でも本当の初めての相手は、囚人たちだったんですけどw
最初の「監獄編」の最終日、絶対にバッドエンドが待ってるな!と思いながら
“脱獄を決行しない”を選んだら・・・予想通りの哀しい結末が・・・orz
ED見てスチル回収してから今度は“脱獄を決行する”を選んで、無事脱獄成功v
なるべく【Luckey】度数が下がらない選択肢を選んでいけば大丈夫そうですね。

続く「逃亡編」でも数値に気を付けながら進めたんですけど。
【Luckey】ともうひとつ気を付けなきゃいけない【Omerta】。
これはジャンがマフィアのボスになるにあたって、正しい選択をすれば上がり、
逆に間違えば下がるらしいです。
攻略のカギとなるパラメーターでもあるらしいのですが、
キャラクターによっては高ければいいというわけではないそうです。(Cool-Bより)

その辺の見極めは非常に難しいですよね^^;
何度もやり直して、いろんな選択肢に挑んでいくしかないですなww

ちなみにジュリオED攻略時の数値は、【Luckey】100%、【Omerta】★7つでした。
いいのか微妙なのか……よく分かりません(汗)


あ~・・・でもジュリオ。
一番に攻略しちゃったけど、良かったですよ~vv
あぁもう!可愛いなーコンチクショウ!!って感じでした(笑)

普段は物静かで…ジュリオルートに入ると、ジャンが大好きオーラすごい発してるしw
なんか、マッドドッグ(狂犬)って呼ばれてるのに、
ジャンに対しては「わんこ」そのものvv
「好きです」とか「俺が守ります」とか、甘いこと言ってくれるしv
でも仕事になると……殺人機械と化します。
人を殺すことをなんとも思わない……むしろ楽しんでいる。
死体や血を見て昂ぶっているジュリオは・・・怖いです。
そんな虐殺的なシーンが多々出てくるので・・・いきなりお腹いっぱいですw
痛い、惨い、血みどろ・・・な表現が苦手な方にはちょっとキツイと思います。

でも抗争相手との戦争(殺戮)シーンは壮絶でしたね・・・
ジュリオすげぇよ!!かっけーよ!!
と単純に言ってしまうのは簡単だけど、それだけでは済まされない重い内容だったり…

って、BLですからもちろん甘いシーンもあります。
ジュリオとの初めての関係が最悪の形だったジャンが、
ジュリオに対して心を開いたというか・・・なんか気付いちゃったときw
そりゃあんな可愛かったら、母性本能的なものが目覚めちゃうのは分かるよ!(笑)

なんかもう、ジュリオがすごい可愛かったんで、すべて良しです!!(え)
ギャップ萌えだなwww(無理矢理まとめた!)


もうひとつ。途中でガクン!と【Luckey】が下がる選択肢があったので進んでみたら
ジュリオのバッドエンドっぽかったです。。。
これもキツかったなぁ・・・スイプーの睦EDを思い出しました。
あ、ハッピーエンドはラブラブしてるので大丈夫ですよv(何が)


でもこの主人公、ラッキーだけが取り柄みたいですね~
何か特出したスキルがあるのかと思ったら、鍵開けくらいか・・・
学園ヘヴンの啓太を思い出s・・・
ジュリオは彼のどこにそんなに惹かれたのか……??(酷)


まだまだスチルもガラ空きだし、バクシーに至っては登場すらしてませんので。
これからまた何周もして、他キャラ攻略に励みたいと思います。
しばらく寝不足が続きそう・・・

コルダ・ビタミン・執事 「ドラマCDについて話しませんか(8924)」

今日聴きました、笑える3連発ww

まずは

【送料無料】金色のコルダ~secondo passo~SWEET&JOY<♭>

※画像は コチラ で見られます。

今回も「ドラマ・スウィート~2人だけのひととき~」と題して、
火原・柚木・志水・加地との(コルダにしては)甘いドラマと
「ドラマ・スウィート(extra)」として、冬海ちゃんとの友情ドラマがあります。

そして個人的お楽しみ「DRAMA JOY」は
【天下無敵?3B+(サンビープラス)が斬ル!】
なんと今回は和モノ(笑)


江戸にはびこる悪の所業を天に代わって懲らしめる、謎組織『3B組』。
彼らの活躍を描いた、笑いあり涙あり(?)の勧善懲悪時代劇!

<登場人物>
・『銀狼』の和樹・・・火原和樹
・『金鯱』の梓馬・・・柚木梓馬
・見習いの桂一・・・志水桂一
・元締めのお笙・・・冬海笙子
・南町奉行所の有能な若侍、桐也・・・衛藤桐也
・砂糖問屋の息子、葵・・・加地葵


金やんは旅行に出掛けて留守…という設定でしたw
いやはや・・・今回も加地クンはいい壊れっぷりでしたわww
柚木サマは言うまでもなく(笑)
衛藤君はどこ行っても、なんか周りに振り回されてる感じw
火原っちは火消し組設定なので、江戸弁みたいなしゃべり方でしたよ~v
てか、元締めが冬海ちゃんってのが・・・www
今回も笑わせて頂きましたvv

最後には火原っちの新曲「if」が収録されています。
しっとりとしたナンバーですよ♪


お次は


電撃 Girl's Style (ガールズスタイル) 2009年 07月号 [雑誌] の付録ドラマCD、

『VitaminZ 電撃Girl'sStyle オリジナルVer.』
●ドラマパート「ツンデレ講座」
●フリートークパート(敬称略) KENN・前野智昭・鈴木達央


シルフ 2009年 07月号 [雑誌] の付録ドラマCDと同じメンバーでございます。
まぁ。出版社同じですからね。

今回も翼が頑張って「ツンデレ」のなんたるかを2人に教授するのですが、
やっぱり伝わりません(笑)
ツンデレとは「ツン」「テレ」「デレ」の三段活用だと諭す翼は
ツンデレセリフを色々言わせるんですけど、
天と千は「ツン」「テレ」「デレ」という言葉を巧みにセリフに入れ込んで、
全く違う意味・・・というかセリフにしちゃうんですよね~(苦笑)
それでも一生懸命ツンデレを理解しようとしている2人は可愛いですw
てか翼は「ツンデーレ」とか言ってるしww

フリートークはいきなりテンション高いですww
トークテーマは「どちらかというと、ツンですか?デレですか?」
たっつんは「ツンデレ」言いすぎて、訳分からなくなったらしいです(笑)
結局「ツンデレ」とは何なのか?という話から始まって、
最後はみんな自分が一番好き♪という結論にwww


これ、ゲーム雑誌なので…気になる新作ゲームの情報色々あったけど。
それはまた今度、別テーマで。


最後は


2009年6月発売文庫【特装版CD付★】グレイスドア~5番目の執事~

文庫本なんですが、
限定ドラマCD「~執事たちの妄想グレイスドア~」が付録されています。

これは先月発売されたドラマCD


5月新譜☆●グレイスドア 執事たちの限界な一日● の原作です。

<出演者>(敬称略)
・櫻井アニス悠・・・阿部敦
・一條征爾・・・森川智之
・鈴尾香野・・・遊佐浩二
・月村桂樹・・・中村悠一
・賀茂宮累・・・石田彰


このドラマCDもかなりはっちゃけてましたがw
今回の・・・もっとすごかったです・・・

簡単に書くと、上記の執事達が新しいカフェを展開しようと色んな案を出すんです。
軍服・ホスト・ホラーハウス・幼稚園・にゃんこカフェ・・・
これ、全部の妄想を声で具現化してくださってますから!!
ホストカフェでは、全員でのシャンパンコールまで聴けますから・・・ッ!!(興奮)
すんごい上手くてビックリwwノリノリなんですけど(笑)
さすがですね~
にゃんこカフェでは、森川さんが「にゃんにゃん」言ってますw
あ~・・・どんどん壊れていくな、グレイスドア(笑)

今日も楽しい作品たちに出会えて良かった(笑)


ゲームのほうは…お待ちかねの『ラッキードッグ1』が届きました!

手配書カレンダーは18禁仕様w

無事にインストール出来たので…(ゲーム2、3本消したけど/泣)
これからじっくりプレイしたいと思います。

最近は、この主役の中の人に縁がある・・・
立て続けにこの方の出演されてるゲームで遊んでますw

赤毛のアン 「ドラマCDについて話しませんか(8924)」


5月新譜☆【特典付】ドラマCD 赤毛のアン

原作:L・M・モンゴメリー
翻訳:掛川恭子 作画:びっけ

●あらすじ
男の子が欲しかったカスバード兄妹が引き取ったのは赤毛でやせっぽっちな女の子アン。
明るく前向きで、空想が大好きなアンは愉快な事件を巻き起こしながらも、
カスバード兄妹たちにもなくてはならない大事な存在になっていく‐‐‐‐‐
恋をしたり夢を追いかけたり等身大の女の子の、華やかな少女時代を、
あえて男性声優のみのキャスティングでドラマCD化!

■キャスト(敬称略)
代永翼(アン・シャーリー)・浜田賢二(マシュウ・カスバード)
置鮎龍太郎(マリラ・カスバード)・小野大輔(ギルバード・ブライス)
岸尾だいすけ(ダイアナ・バリー)・平川大輔(先生・ナレーション)他


男だらけの『赤毛のアン』(笑)、聴かせて頂きました~v
上に書いたキャストさんの中で、女性役をやってるのは代永君・置鮎さん・岸尾さんです。
でも他に女生徒やおばさん役で、井口君他多数の男性声優さんが出演されてます。

皆さんがフリートークで仰ってるように、意外と普通に聴けました(笑)
や、男性ばっかりだから…どんなカオス名作劇場に!?・・・って思ってたんですがw
全然違和感がなく、むしろかなり物語にのめり込んでしまいました。

代永君はほんとにね~・・・女の子だったよww
あの可愛いお声の持ち主ですから、聴く前から予想はしてたんだけど、
それを更に上回る女の子っぷりでした。
置鮎さんも変に作って無くて、言葉遣いは女性なんだけどオカマっぽく聴こえないっていうか。
上手く言えないんだけど・・・うん、自然でしたよ。
岸尾さんも可愛かった~v
ご本人お気に入り(?)のセリフ「やだ!ロマンチックじゃないの!」を
フリートークで連発してましたけどねw
言いたくて仕方ないらしい(笑)

男性役の方・・・って言うのもおかしいですが^^;
浜田さんはおじさんの役なんですけど、ほんとにオジサンなんです!(はい?)
いや、私がよく耳にする恋愛対象系の甘~いお声とは全然違って…さすがです。
小野君は作中そんなに出番は無いんですけど、人気者少年を爽やかに演じてます。
フリートークでは大活躍されてますし(笑)
平川さんは主にあの優しいお声でナレーションをされていて、
アン達の先生役では、ちょっと厳しめ低音で…と声を上手く使い分けてます。

うん、ほんと声優様方の演技が光る作品でした。

全然お話の内容に触れてませんが(汗)
まぁ、あまりにも有名な作品ですからね~
私も昔アニメで観てましたので、懐かしかったです。

聖帝学園で絶頂した@大阪 「私の好きな声優さん(12065)」

YES/NO枕…ではなく、LOVE or STUDYうちわ 今年はちょっと小ぶりなうちわです


【VitaminZ~大阪・初夏の陣~】昼の部・夜の部に参加してきました~。

会場は「グランキューブ大阪(大阪国際会議場)」です。
ステージは近いし、座席の間隔も広く、なかなか快適な会場でした。
ただ……ホールが建物の5階にあるので、入退場に時間が掛かる・・・
しかも手段が主にエスカレーターなので、事故が起きそうでヒヤヒヤしました。

あ、今回も物販・・・1時間半並びましたよ。
欲しいものが無事に買えたから良かったですが、相変わらずすごい人気ですね^^;
どーにかならないもんですかねぇ…この混雑。。。


それはさておき、肝心の公演内容ですが。
有難いことに、ガルスタさんでもうレポを上げてくれてたので
コチラ をどうぞ☆(丸投げかよ)


<演目>(昼の部・夜の部ほぼ共通)
・オープニング(ライブ「絶頂HEAVEN」天と千)
・朗読劇「オリエンテーション」
・突撃となりの○○
・ご挨拶&トークコーナー
・新作紹介
・メッセージ(昼:理事長&元親/夜:GTR)
・スペシャルライブ
・エンディング


※覚えている限りで簡単な補足をしてみます。

昼夜共、約2時間のイベントでした。
シリーズ初めての大阪公演、そして初めての「Z」でのイベント。
出演者の皆様も、とても楽しみにしていらしたようです。

「ブログに書いちゃ駄目だぞ」という禁則事項が多々発令したこのイベント(笑)
DVDに収録されるかどうか微妙な線なものを、やんわりと書いてみますw

まず昼と夜、ともに客席のみならず出演者の皆様も盛り上がったシーン。

天才バスケットマンに、24時間以内に事件を解決しちゃう人、
何かに変身出来る人が登場したんですwww

って、全部小山さんと草尾さんの持ちネタですがw(ネタ言うな)
いやぁ・・・あのフンフンディフェンスが生で聴けるなんて!!(興奮)
草尾さんと小山さんのベテランコンビは、かなーりノリが良くて、
アドリブなのか台本通りなのか分かりませんけど、
すごく色んなことをやってくれましたよ~v

草尾さんが司会進行をされていたのですが、仕切りがお上手でしたね~
ていうか、あまり暴走する人がいない…ってのもあるかもですがw
「X」と比べちゃうといけないのかもしれないけど、
すごくまとまってる感じでしたね。
まぁこれが「Z」の初々しさだと思っておこうかな?^^;
あのグダグダ感は、「X」…ていうか、B6の持ち味ってことでw(褒めてる)

しっかし・・・やっぱりビタミンイベントは、セリフとか甘いっすね~!
A4はチュッチュチュッチュしてたな~(笑)
ノジケンもノリノリで、にゃんにゃん言ってたしww
ビタミンにチッスは付きものですが、Z声優陣にまだ耐性があまりないので…
すごく心臓に悪かったです(笑)

P2は「僕(オレ)たちは、パーフェクトツインズだからな(ね)」と
2人で声を揃えてキメるシーンがあったんですが、
「せ~の」って言ってるのに全然揃わなくて、3回ほどやり直してました(笑)
双子なのにwww

同じようにGTRの登場フラッシュも、昼の部で揃わなかったのかな?
タイミング揃えるのはなかなか難しいんでしょうかね~
リテイク観られるのも、生の醍醐味ですわねw
そんなGTR、神谷さんのジャケットプレイも光ってました☆
昼も夜もジャケット着てないのに(笑)
夜では草尾さんに、名前ではなく「ジャケットプレイ」と呼ばれてましたw
東京に参加されないからか(?)、神谷さん頑張ってましたね~v
かなりノリノリでお芝居されておりましたwアドリブなのかなアレ??

ライブは無いだろうな~・・・と思っていたので、
新曲が聴けたのはほんと嬉しかったですねv
天と千以外には、ノジケンと代永君と森久保さんが新曲歌われましたが、
どれも素敵だったな・・・やっぱCD買い決定か。


補足っていうほどたいしたこと書けませんでしたが(汗)
ずーっと笑ったりキャーキャー叫んだり、とっても楽しいイベントでしたv
2時間っていう時間も短めではあるけど、ほんとあっという間でしたw
大阪って盛り上がりがやっぱり凄いです!!
会場のリアクションがすごいww
だからキャストの皆さんも、それに煽られて(?)テンション上がっちゃうんでしょうねw
また是非大阪で開催して貰いたいものです。

DVDは大阪公演だけの収録で、また2枚組みたいだから
ほぼノーカットで収録されるんではないでしょうか??
開演前・後の生ナレの様子や、舞台裏も録られていたようなので、
そういう特典映像もあるようです。


今回、初めてナマで見た声優さんが半分・・・
そういう意味でも目の保養いっぱい出来たな~w(どういう意味だよ)
皆さんスタイルよくてイケメンで・・・vv


最後は会場全体で「ゼッチョリーッッス!!」と叫んで終演。
周りが知らない方ばかりだったので、なかなか上演中叫べずにいたけどw
最後ばかりは思いっきり声を出してきましたv
(チケット1枚しか買えない…とかはもうやめてほしいわ…)

お友達にもたくさんお会い出来たし、素敵な大阪の一日を過ごせました。
ビタミンシリーズは、キャラソンにラジオ・ドラマCD、
今後も展開は続くようなので…出来る限り追い付きたいと思います^^;

東京公演もきっとまた、盛り上がるでしょうねv
小山さんが、「理事長なのに、歌も愛のメッセージも無い…」と嘆いてらしたので(笑)
東京で実現されるかどうか・・・!?そこも楽しみですわねw

金色のコルダ ~secondo passo~ 「アニメあれこれ(84640)」

加地クンのための~secondo passo~って感じでしたね~v
彼、大好きなので大満足ではございましたが・・・

※以下、ネタバレ満載です


んー・・・でも柚木サマがちと足りないかな。
黒降臨無かったですしね。
あ!でも最後に加地クンが日野さんの前に傅いて、
手の甲にチッスをしたシーンがあったんですが。
男子達が「えっ!?」「あ゛!!」っていうリアクションをしている中、
柚木サマだけすごい黒い顔でにらんでましたわww
「あいつ・・・一度牽制しておく必要がありそうだな」
って心の声が聴こえてきたよ、私には(笑)


子どものころ、月森君の卓越した演奏を聴いて心が折れてしまった加地クン。
そこでヴァイオリンを辞めてしまい・・・
でもヴィオラは誰からも隠れて弾いてきた加地クン。

ある日偶然耳にした日野さんの演奏。
つたない技術なのに、なぜか心を惹きつけてやまない。
星奏学院に転校してから、日野さんや彼女(の音)を慕う人たちとの出会いを通じ、
本当の音楽の楽しさ、最高の演奏の意味に気付きます。

ヴァイオリンが好きだから──────


好きだから、どんなに挫けても諦めない。
好きだから、ステージが怖くても挑んでいく。

ヴィオラが好きだから、今まで隠れてでも演奏を続けてきたことに気付いた加地クン。
アンサンブルに加入して、心から演奏することの素晴らしさ・楽しさを実感します。



うんうん・・・思えば~primo passo~の最終回でも
「ヴァイオリンが好きだから!」と高らかに宣言していたカホコさんでしたね。
今回もそうきたかー!!(笑)
正直、誰かとどうこうなるとは思ってませんでしたけどw
またもや「ヴァイオリンとロマンス」フラグが立っていたのか!(笑)


今回は加地クンがかなり健闘していたのですが、
私的「ぐはっ!」ときたセリフはれんれんでしたね・・・

「彼女の演奏は心に響く」という月森君に対し加地クンが「どうして」と尋ねたとき

「好きだから」

えっ・・・!?

「ヴァイオリンが好きだから心をこめて弾く……それが彼女の口癖だ」

ちょともー!月森君!!ビックリさせないでよー!!(焦)
いやぁ…テレビの前の全国の乙女がさぞ驚いたことでしょう(笑)
でも月森君はよくこういうことをやらかしてくれますからねww

まぁこの月森君のセリフがきっかけで、加地クンが色んな事に気付くんですけどね。
そしていつも水を差してくる衛藤君ww
そんな彼に対し「心をこめた演奏こそが、人の心を動かすんじゃないかな?」と
まるで自分にも言い聞かせるように語る加地クン。

人の心を動かすのは、人の心だけだ。

そんなに生易しいものじゃない…と突っぱねた衛藤君だけど、
来年から星奏学院にお世話になるそうです(笑)


結局、アンサンブルから外された日野さんは、
1人でコンサートに出演することになったのですが。
彼女以外のメンバーアンサンブルで演奏された「ルスランとリュドミラ」序曲、
素敵でした~vvv(あーまたゲームやりたくなってきたw)
動く加地クンの演奏姿が拝めたのも良かったです♪


無駄に長い上に、かなり偏った感想になってしまいましたが・・・(汗)
今回もみんなキラッキラしてて、良かったですw(何が)
7月にはDVDが発売されますね~
未放送シーンなんかも収録されるそうで、楽しみです。
あ、3月の星奏学院祭2のアフレココーナーも収録されてるようですね!(限定版)
あれはほんと面白かった・・・アニメ観ててもそっちのアドリブセリフとかを
思い出して噴き出してしまうほどに(笑)


金色のコルダ ~secondo passo~(初回生産限定)

VitaminZ キャラソン発売 「乙女系ゲームに夢中♪(21456)」

ついにあの『VitaminZ』から、キャラクターソングがリリースされます。(敬称略)


【8月5日発売予定】(2,520円/税込)

VitaminZ キャラクターソングCD「多智花八雲 & 嶺アラタ編」(仮)

第1弾は
"極道の息子にしてトップアイドル"の「多智花 八雲」(CV:代永 翼)と、
"全ての女性を愛するテニスプレイヤー"「嶺 アラタ」(CV:森久保 祥太郎)!


VitaminZ キャラクターソングCD「方丈慧 & 方丈那智編」(仮)

第2弾は、
"曲がったことが大嫌いな王子様"の「方丈 慧」(CV:入野 自由)と、
"P2(パーフェクトツインズ)の片割れ「爽やか王子」"の「方丈 那智」(CV:野島 健児)!


【8月19日発売予定】(2,940円/税込)

VitaminZ キャラクターソングCD「GTR編」(仮)

第3弾は、教師編。
"宗教担当、パーフェクトセクシー"の「天童 瑠璃弥」(CV:神谷 浩史)と、
"音楽担当、ロックンロールティーチャー"の「加賀美 蘭丸」(CV:諏訪部 順一)と、
"家庭科担当、手芸騎士(シュゲーナイト)"の「桐丘 凛太朗」(CV:花輪 英司)!
※<初回限定仕様>
初回仕様として登場キャラ「GTR」の3人分、
3種類の中からランダムで1枚の特製キャラクターカードを封入!


それぞれキャラクターソング各2曲と、ミニドラマが収録されるようです。
ソースはコチラ

これで、既に発売されている


絶頂HEAVEN/天と千(KENN&前野智昭)[CD]

と合わせて、ほぼすべてのキャラの曲が発売か~
あとは理事長と上条先生・・・出すんかな??

7日の大阪ではまだ聴けないと思うけど、
8月の東京だったら歌ってくれそうですねv(行けないけど;;)


もひとつ。
まだ「上」も発売されてませんが、「下」の内容が発表されてました。

薄桜鬼 回奏録 下

人気女性向AVG「薄桜鬼」から待望のキャラクターCD第二弾が発売!
今回は斎藤、藤堂、原田をピックアップ。

個性豊かな各キャラクターの生き様を表現したイメージ曲やモノローグに、
思わずうっとり酔いしれること間違いナシ!


<収録曲>(予定)
・斎藤一キャラクターイメージ曲(歌:鳥海浩輔)
・藤堂平助キャラクターイメージ曲(歌:吉野裕行)
・原田左之助キャラクターイメージ曲(語り:遊佐浩二)

・斎藤一キャラクターモノローグ(語り:鳥海浩輔)
・藤堂平助キャラクターモノローグ(語り:吉野裕行)
・原田左之助キャラクターモノローグ(語り:遊佐浩二)

・斎藤一キャラクターイメージ曲(カラオケVer.)
・藤堂平助キャラクターイメージ曲(カラオケVer.)
・原田左之助キャラクターイメージ曲(カラオケVer.)


もうこれは、「イメージ曲と語り」っていう括りのCDみたいですね。
「上」でも歌うのは森久保さんだけだし。
ひたすらモノローグで……一人で喋ってるCDなんでしょうか・・・?(汗)
カラオケいるのか・・・コレ??

銀の冠 碧の涙☆フルコンプ 「乙女系ゲームに夢中♪(21456)」

ふ、ふふふ・・・やはり突っ走ってしまいました……(がっついたとも言う)

EDリストが無いので…全部見たのか不明なんですが、
スチル・シーン・音楽・おまけはコンプ致しました。

はぁぁ・・・なんか凄かったな。
修羅場を一気に駆け抜けた感じ(苦笑)

あーでも修羅場っても、争うのは男同士ですからね、
女性同士みたく(?)そんなネチネチしてなくて(偏見かしら?)
殴り合ったり、怒鳴り合ったり・・・そんな感じでした。
だからそういうシーンは、そんなにドロドロ感を受けませんでしたね。
これが女性同士だったら刃傷沙汰になりそうなお話なんだけど^^;


ゲームの内容としては。
各キャラの個別ルートがありまして、
それを全員分攻略すると『鬼畜ルート』が開通します。
それも攻略すると『3Pルート』が開通。
これまた攻略すると全コンプのおまけ『究極の愛』が開きます。

このメーカーさんの前作をプレイされた方には察しがつくかと思いますが、
はい。どんどん黒くなりますよ(笑)

個別ルートでは、お目当ての相手と会ってればED迎えられるんですけどね~
選択肢で好感度上がったり下がったりは親切に教えてくれるし。
別ルート開いてからが結構苦労しました。
あ、苦労したといえば、結婚ですよ!
私…すっかり勘違いしていて、プロポーズされて結婚したところから始まるかと思いきや
プロポーズされたところからゲームが始まるので、
結婚までの自分の行動如何では、結婚出来ずにゲームオーバーという罠(爆)
うわぁ!話が始まらねぇ!(泣)
2,3回目に、ようやっと結婚出来ました・・・
素敵な彼氏がいて、プロポーズまでされたのに、
フラフラしとっちゃいかん!ということですね!(←そういうゲームだから)


これはですね~・・・ルートによって主人公や旦那が良く見えたり
悪く見えたりします。や、しました、私には。
女性目線・・・というか、実際に妻である立場は私も同じなんだけど、
旦那から放置されて、寂しいという気持ちもわかるし、
そこは旦那を信じて待たなきゃダメだというのも重々承知してるし・・・
プレイする方のとらえ方とか、価値観とか、立ち場とか、経験とか。
そういうのによって主人公や旦那様、周りの男性達に対する印象が違ってくると
思うんですよね~・・・
だから少しでも、結婚とか不倫とか修羅場とかに興味のある方は
プレイしてみてください(笑)←どんな勧め方だよ
「これはあり得ない!」とか「あ~・・・わかるわかる」とか
そう思うシーンもシチュもすごく人によって分かれそうなゲームだな…と思いました。


なので、こっからはほんと個人的な感想。
どのキャラも魅力的で素敵だったのですが、
私はもう・・・亮くんと榛名に出会えただけで大満足www
この2人、ほんっっとに可愛いvvv
もちろん中の人が好きだってのもあるんですけど、もー最高でした!
亮くんは純情大学生で若いのに、舌使いがウマすぎるwww(きっと中の人のせい/笑)
榛名はもう明るくてわんこっぽいのに、あのときは妙に余裕があるっていうか…
しかもチェリストだったとは・・・!?
あーギャップ萌えwww(結構こういう設定好きw)

旦那様と浅野さんは付き合いの長い親友ということで
どういう展開が待っているのかとハラハラしていたんですが。
最終ルートのまさかの結末にひっくり返るところでした・・・
みんな心が広すぎるぜ・・・ッ!(驚)これぞ究極の3P

別ルートが開いてからの主人公の豹変もすごいです。
女は開き直ると怖い(笑)
まるで女王様のように…男をとっかえひっかえw

それじゃぁ旦那が哀れ……まぁサブっぽい扱い?かと思ってたんですが。
この方は、前作でいうところの婚約者ポジションですからね・・・
あの王子の黒っぷりはすごかったですが・・・
今回も・・・怖かったですね。
妻のことが好きすぎて、裏切られたことによって壊れちゃいました。
全裸にしてベッドに拘束し閉じ込めて、無機物玩具を入れたまま一日放置・・・
どっかの鬼畜眼鏡かと思いました(笑)
そういう黒さがチラホラ出てきますので、苦手な方はご注意ですね~
でも旦那様とのエチシーンが一番多いですw

コンプおまけのお話は・・・最高でしたw
前作と同じく、全員登場してあれやこれやと話してます。
浅野さんの腹黒さがここで際立ってます…ゲーム本編で見たかったよ……
まぁ頑張ってコンプして良かった~と思えますよね、こういうおまけは♪



長々と書きましたが、スチルは多いし私はなかなか楽しめましたv
テーマがテーマだけに、所々制作側の苦労も垣間見れましたけどw
結婚式は挙げたけど、まだ婚姻届は提出してない…とかね^^;
でも周りにこんな男の子たちがいたら、気持ちが揺れるのは分かる……(笑)

新刊色々 「ボーイズラブって好きですか?(36787)」

新刊…というには少々古いものもありますが・・・
ちょこっと臨時収入があったので、いつもよりはたくさん購入v

でもまだほとんど読んでない・・・(え)
またじっくり読んだら感想書きます。



生徒会長に忠告(4)

やっと出ましたねー!
雑誌は買ったり買わなかったりなので、コミックスが出るのが
ほんと待ち遠しい作品です。
でもまだ読んでない・・・
てか3巻まで一気に読み返さないと、お話を思い出せない(爆)



真空融接(春)

これも上のに同じく、原作もドラマCDも大好きな作品です。
やっと買えましたw
少しだけ読んでみたんですが、アレクシたちの出会いの物語が親目線で描いてあったり
色んなカプ……とは言わないかな?この作品は^^;
色んなパートナーのエピソードが描かれていますね。
相変わらず和むお話です・・・



窮鼠はチーズの夢を見る


俎上の鯉は二度跳ねる

かなり乗り遅れてる感はありますが・・・話題に乗っかってみたww
ドラマCDとかも出てるのは知ってたんですが、なんとなく手が出なかった作品。
でもあまりにも?レビュを賑わせてたので買ってみました。
まだ読んでな(以下略←
なんかアオリに、すごい衝撃作みたいなことを書いてあるので
なんだかドキドキします(笑)←今更


最後に。ゲーム関連で、さらにはコミックスでは無いのですが…


Sweet pool公式ビジュアルファンブック

これぞ「待ってました!」
いやぁもう・・・スチルの数々を観てると色んなシーンが蘇ってきます。
うっかり涙腺崩壊しちゃいますよ。
ゆーぽん氏の「理性のカレ」と「本能のアレ」の描き下ろしイラがめっちゃ可愛いですw
雑誌用の描き下ろしは見たことあるのがほとんどでしたが、
コミケ用のイラストとかはやはり初でしたんで、ここで拝めて嬉しいですv
キラルナイトのレポが写真盛りだくさんで載ってたのも良かったです。

ようじぃ~~~!!(涙)

メッセの眼鏡哲雄と相当悩んだんですが・・・
自分の足で買いに行けるメイト蓉司にしました。
ジャケット羽織ってる蓉司もなかなかレアでいいよねww
ご来訪ありがとうございます
現在の閲覧者数:
ランキング参加中
ポチって頂けると嬉しいです
にほんブログ村 ゲームブログ 乙女ゲー(ノンアダルト)へ にほんブログ村 アニメブログ 男性声優へ
プロフィール

アルコルダ

Author:アルコルダ
2011.12.19 楽天ブログから引越してきました。
二次元大好き主婦です。

最新コメント
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

いつだって迷走中

□■彼方■□

思うままに生きれたらいい

Le Ciel Bleu

みるくほりっく

電車にゆられて☆

天真爛漫
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。